“世界が広がる” 新しい居住スタイル:ソーシャルアパートメントとは?

.andworkを運営するグローバルエージェンツは、ホテルやコワーキングスペース、飲食などのライフスタイル事業の開発・運営や、隣人交流型賃貸住宅の「ソーシャルアパートメント」を全国46棟・2,816室運営しております。

「ソーシャルアパートメント」は”ひとり暮らし+α”の共用スペースが充実した物件で、ワーキングスペース完備の物件も多くあります。

.andworkをご利用の皆さまにも、「ソーシャルアパートメント」の魅力を紹介いたします。

ワールドネイバーズ恵比寿

What is Social Apartment?

私たちの展開する「ソーシャルアパートメント」は、マンション内にラウンジやキッチンなどの交流スペースを設け、住人同士の自発的な交流を誘発する住居形態、まさにSNSのリアル版とも言えるマンションです。

それまでのネットワークを超えた様々な人達との出会いや交流をはじめ、国籍・言葉を超えた交流など、「住む」だけでなく「生きる」上での様々な可能性の拡大が期待できます。一方、自室に入ればそこは完全なプライベート空間。従来のマンションと同様、自分だけの時間を過ごすことができます。

人と話したい時は、いつも誰かがいるラウンジへ。
自分の時間を楽しみたい時は、自分だけの部屋へ。

私たちはこれまでの生活に「交流」という一つの大きなオプションを付加した、より柔軟性の高い「新しいライフスタイル」を提案しつづけます。

世界が広がる居住スタイル、それがソーシャルアパートメント。

24時間予約不要で自由に使えるデザイナーズラウンジ。一人で、友人を連れてきて、そして住人同士で様々なシーンで日常の幅が飛躍的に広がります。
性別も、職業も、国籍も違う人が集う充実した共用スペースの中で、日々多くの出会い、発見、可能性が生まれています。ときには人生を変えるような出会いも。
お部屋は従来のマンションのような完全なプライベート空間。誰にも邪魔をされず、普通の一人暮らしと同じ時間を過ごすことができます。
ソーシャルアパートメントの特徴は、色々な間取りのお部屋が揃っていること。水廻り共用の1BRから1K, 1LDKまで自分に合ったスタイルの間取りで新しい生活を始めましょう。

ソーシャルアパートメントの魅力がわかる記事をピックアップしました!

ワーキングスペースのあるソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメントの共用スペースには、ラウンジのほか、ワーキングスペースが完備の物件が多数存在します。

コミュニケーションを目的としたラウンジとは異なり、作業や勉強に集中できるワークスペースです。

シェアハウスとソーシャルアパートメントのたった一つの大きな違い

ソーシャルアパートメントは、一人暮らしの新しいライフスタイルです。従来型のお部屋のほかに
+ラウンジなど充実した共用スペースがついて
+住民間の交流を楽しむマンションをソーシャルアパートメントの根幹として定義しています。

【入居者インタビュー】ソーシャルアパートメントを体験した人たちの物語

交流を目的とした共用ラウンジが併設するマンションに、「プライベート」も大事にしたいけど、「隣人交流」も楽しみたい。そんな価値観を持った方々が暮らす新しいライフスタイルです。色んな方のストーリーを参考に、住まい方について考えるきっかけになればと思います。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
Share on print

Choose your language